topへ戻る

アテニアのクレンジングは大丈夫?成分・使い方・危険性

クレンジングの危険性

クレンジングの危険性

 

毎日のスキンケアの中でも特に重要なのがクレンジング
アテニア「スキンクリアクレンズオイル」の紹介ページでも少しお伝えしましたが、クレンジングは他のスキンケアと比べて、もっともお肌にダメージを与えやすいステップです。
1番危険度が高いからこそ、注意深く商品を選び、正しい方法で行わないと、いつまで経っても肌トラブルから抜け出すことができません。

 

でも、なぜクレンジングはそんなにもお肌にダメージを与えてしまうのでしょうか?
その理由を少し解説してみたいと思います。

 

ライン

 

クレンジングでお肌にダメージを与えてしまうパターンは大きく3つあります。

 

まずひとつめは、クレンジングの成分で、お肌を傷めてしまうパターンです。

 

スキンケア化粧品の成分は、おもに水溶性成分、油性成分、界面活性剤で構成されており、あとはここに美容成分や香り成分などが配合されているのですが、これらの成分の配合割合が、クレンジングとそれ以外のスキンケア化粧品では大きく違います。

 

ダメージ1

 

化粧水や乳液、美容液など、お肌に塗るタイプのスキンケア化粧品は、基本的に水溶性成分がメインになっていますが、クレンジングについてはその逆で、油性成分や界面活性剤がメインになっています(例外もありますが^^;)。

 

油性成分や界面活性剤は、それ自体が危険というわけではないですが、種類や使い方を間違えると、お肌にとってはダメージになる可能性があるので、注意が必要です。

 

アテニア「スキンクリアクレンズオイル」の紹介ページでもお伝えしたように、油性成分であるオイルは「ミネラルオイル(鉱物油)」、「エステル油」、「油脂」に分類されますが、お肌への吸着力が強く、洗い流してもヌルヌル残ってしまう「ミネラルオイル」や、酸化しやすいタイプの「油脂」は、お肌に負担がかかりがちなので、あまりおすすめできません。

 

何年か前から、オイルクレンジングはお肌に負担がかかるとか、乾燥するとか、悪いイメージが広まりましたが、これは「ミネラルオイル」をベースとしたオイルクレンジングが全体の評価を下げてしまっただけで、オイルクレンジングすべてが悪いわけではないので、ここは正しい理解が必要です。

 

オイルクレンジングが悪者扱いされるようになり、オイルフリーの流れからリキッドタイプのクレンジングも出回るようになりましたが、実際リキッドタイプのクレンジングは、オイルでメイクを浮かせることなく、界面活性剤の力でメイクを落とすので、実は洗浄力はかなり強めです。

 

最近のクレンジングはほとんどが非イオン系の刺激が弱い界面活性剤を使用しているので、成分自体はそこまで危険ではありませんが、やはり大量の界面活性剤で強引に洗い流すとなると、お肌にそれなりの負担はかかってしまいます。

 

ライン

 

続いて2つめは、クレンジングでメイクが落ちきらず、残ったメイク汚れでお肌を傷めてしまうパターンです。

 

アンチ「オイルクレンジング」が広まってから、お肌にやさしいと言われるミルクタイプクリームタイプを使い始める人が増えました。確かに洗浄力が弱くなって、一見お肌にはやさしいように思えますが、今度は洗浄力が弱いためにメイクが落ちなくて悩む人が増えました。

 

ダメージ2

 

皮脂と混ざりあって酸化したファンデーションは、毛穴に詰まればニキビの原因にもなりますし、アイライナーや口紅が落ち切らないまま肌に蓄積され続ければ、色素沈着してだんだんと黒ずんできます。

 

元々ナチュラルメイクの人であれば、洗浄力が弱めでもきちんとメイクが落ちる場合もありますが、メイクが濃いままでクレンジングの洗浄力だけ弱めても、汚れが蓄積する一方で、お肌にはまったくやさしくありません。

 

クレンジングは商品単体のスペックだけを見て選ぶのではなく、自身の肌質メイクの濃さに合ったものを選ぶことがとても大切です!

 

ライン

 

最後に3つめですが、クレンジングの際にゴシゴシとこすることで、物理的にダメージを与え、お肌を傷めてしまうパターンです。実は、これが1番大きなダメージを与えていることが多いです。

 

ダメージ3

 

クレンジングは「メイクを落とすこと」という意識が強いので、しっかり汚れを落とそうと思うと、どうしてもゴシゴシこすりがちです。
特に、早く済ませたいと急いだものなら、勢いが加わって余計に力が入ってしまうことが多いです。
自分ではやさしくなじませているつもりでも、外から見るとかなり力強くこすっているように見えることがほとんどですので、さらにやさしく、を心がけることが必要です。

 

また、洗浄力の弱いクレンジングを使用した場合には、なかなかメイクが落ちないために、無理矢理こすって落とそうとしがちです。どんなにお肌にやさしいクレンジングを使っても、ゴシゴシこすれば、かえってダメージは大きくなるので、これでは本末転倒になってしまいます。

 

お肌の表面にある角質層と言われる部分は、バリア機能・保湿機能という、重要な役割を果たしていますが、この角質層は厚さわずか0.02mm、ラップ1枚程度の薄さです。

 

手でこすることであっという間に傷つき、バリア機能・保湿機能が果たされなくなります。
すると、外からの刺激でお肌が炎症を起こしたり、お肌のうるおいが流れ出て乾燥に繋がったりと、あらゆる肌トラブルに悩まされるようになってしまうのです。

 

ライン

 

このように、クレンジングには肌トラブルにつながるさまざまな危険がひそんでいるので、特に注意を払わないといけません。

 

今回紹介したアテニア「スキンクリアクレンズオイル」は、成分やメイク落ちも良く、クレンジングの機能としてはとてもおすすめですが、物理的なダメージは使う人次第になってしまうので、ここはそれぞれで気をつけるしかありません。

 

アテニア「スキンクリアクレンズオイル」は、ゴシゴシこすらなくてもメイクや毛穴汚れが問題なくキレイに落ちるので、やさしい手つきで正しく使ってもらえれば、きっとお気に入りのクレンジングになると思います^^